「結果からいうと4回の通院(2か月)でほぼ治りました」

増田眞理子さまばね

腱鞘炎・ばね指・ひじ痛専門治療
にいただいた「みなさまの声」をご紹介いたします
※画像は、お名前を伏せております

64歳 女性

○どのような症状でお困りでしたか?
右手親指ばね指

○治療を受けられて、いかがでしたか?
右手の親指が第一関節からかくんとまがり、元に戻らない状態でした。
ペン、ハサミ、ドアノブ、キャップを開けるなど、
あらゆる動作に支障がでるようになり、
痛みも強く、ネットで検索して、当院をみつけました。
結果からいうと4回の通院(2か月)でほぼ治りました。
半信半疑でうかがったのですが、
「治ります!」と先生はあっさりおっしゃって、
まずはエコーで患部を見て腱が完全に断裂していることが判明。
反対の指のエコーも同時に比較して見せていただいたので、
患部がよくわかりました。
まず、固定具で指を固定し、入浴・洗面以外はずっと装着していました。
動かさないことで、激痛はほぼ1週間で治りました。
2回目の診察は、2週間後。
再びエコーで、腱がだいぶ修復されている様子を確認。
日常で半分くらいは固定具をはずして生活するようにと
指示がありました。
何かのはずみで関節が曲がるとまだ痛い状態でした。
3回目は2週間後。腱はほぼ修復されているので、固定具は付けず、
先生がくださったボールで、
毎日指を動かすトレーニングするようにと指示。
初めは少し痛みましたが、2・3日続けるうちに
腱の動きがスムーズになっていくことを日々実感しました。
4回目、最後の診察で、腱は100%修復されており、
もう通院の必要はないとのことでした。
この時点で、指はほぼ完全に動くようになりました。
痛み、引っ掛かりはまったくなく、
元のように指が普通に動くことの喜びを実感しております。
ただし、(ほぼ治ったと書きましたが)起きぬけは指の動きが悪く、
ボールトレーニングは毎日続けております。
あとは、よりよくなるだけと思っています。
診察の都度、エコー画像と図を示して現状を説明してくださるので、
治っていく過程がよく理解できました。


関連記事

コメントは利用できません。

ご予約・お問合せはこちらから

ページ上部へ戻る